自己流ダイエットは効果があるのか微妙だけど続ける理由…

ダイエットをしようと決意して、情報集めのためにネットで検索すると、
色々な方法があって混乱してしまいました。

とりあえず、目についた方法で、無理なくできそうなことを…、
と思って始めましたが、これで実際に効果が出ているのかは微妙です。

ネットで色々見ていて目についたのは、絶食の時間を作ることが大事、ということです。
その一つとして、夕飯を食べ終えてから、丸12時間は水以外は口にしない、という方法が挙げられていました。

寝る前のご飯は禁物!

寝る3時間前には夕飯を済ませたほうが良い、という説があることは以前から知っていたので、
早寝の我が家の場合、夜7時までには夕飯を済ませ、朝食は朝7時以降ということになります。
普段、家でのんびりしている私の朝食時間は朝8時ころ、
夕食を少し早めにして、その後のおやつは我慢しなければなりませんが、
ダイエットを決意した以上、多少の我慢は覚悟の上なので、この方法は特に問題はなさそうです。

 

同時に紹介されていたのが、1日の間で、水以外の食べ物を口にする時間を8時間に抑え、
残りの16時間を絶食する、という方法です。
具体的な方法としては、朝食は抜いて、昼食と夕食の1日2食、間食も可、
ただし、もちろんカロリーは控えめにということでした。
これも、なんとか実行はできそうです。

しかし、夕飯の炭水化物を控えていても、ダイエットが必要な身体になってしまった私、
日用品や食料品などの買い物も、午前中のうちにすませてしまうので、
昼以降の8時間の間に2食食べてしまったら、エネルギーが消費されないような気がします。

ということで、朝食はきちんと食べ、その後、買い物などをして多少動き、
間食は控え、夕食は遅くても7時30分には食べ終える、
夕食が遅くなってしまったときには、寝る時間も少し遅くする、
という自己流の方法で食事制限をすることにしました。

同時に、昨年1年間さぼっていた自宅ヨガを再開、15分の踏み台昇降運動を新たに始めました。
家で家事をするときも、なんとなくお腹と呼吸、正しい姿勢を意識する、
寝る前には腹式呼吸で深呼吸、などなど、面倒なことも難しいこともないけれど、
「自分はダイエットをしている」という意識だけは、常に持つようにしています。

体重は、朝食前の夜お風呂に入る前の2回測り、パソコンを使ってグラフ化しています。
ダイエットを初めて1カ月足らず、我慢できずに、どら焼きを食べてしまったりしていますが、
微妙に増えたり減ったりを繰り返しながら、3㎏減りました。
たった3㎏、単なる誤差じゃないの、と夫には言われるし、自分自信もそんな気がしています。
目標体重を達成できれば、誤差とは言わせません。
強い気持ちで、目標体重を目指そうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です